オーディオ配線もスッキリ! (個人宅)

★ 複雑オーディオ配線もスッキリ!

さいたま市Yさん宅の壁面収納は
オーディオ機器サイズとその収納スペースからの設計でした。
主要ポイントは本体の中心部、
フラップダウンとびら縦3連チャン・3段のところ。
事前の打合せでは

各機器のサイズをチェックし
コンピュータグラフィックス画像や
図面で各収納スペースや配線ルートをよくよくご相談。
オーディオ機器の収納スペース部は3段とも
内寸サイズ幅、高さにこだわりました。
オーディオ機器収納の最上部には空気孔あり。
パワーアンプ等、高熱を放つ機器への対策です。
さらにここは全体に・・・

脱着式になっています。
機器入替えや配線コードなどの
調整がしやすいようにと、なっています。


2~3段目の底面には大きな欠込みあり。
ここもやはり機器替え&コード調整用です。

横方向にも配線コード用の穴あり。
それぞれお隣の部屋につながっていて・・・
またその先も・・・
さらにお隣へとつながり・・・
最終的には・・・

壁の電源コンセント口へ、となります。

テレビやスピーカーは
天板のコード穴からつながります。
(隠れた)配線ルートはまとめるとこうなります。
すべてのコードは引出し裏を通過します。
引出は4杯あり、すべてCDケース用。
タイトルが見えるよう深さ15cm以上になっています。

1杯(③)だけ極端に奥行きが浅くなっているのは
専用コンセントタップを収納するため。
背面より14cmスペース逃がしてます。
通常このような場合は4~5cm程度のすきまで十分。
ところが今回は専門的なものでとても大きく、
またよく見えなくてはならないそうなのでこうなりました。

専用スペースといえばウーファー用もあります。
床置きはぜったいなので底面の板は無しです。
正面から見えるべく台輪はダミー。
過去何度か他のお宅でもご案内した脱着式としました。

・・・・・・・・
ほかの造作について。
背面の壁がとび出していて段違いでした。
そのため本体奥行(厚み)を
途中から変え
正面はツラあわせしています。
ガラス系。

まずコレクションスペース。
可動棚はガラス製で
背面はミラー。
観音開きとびらは強化ガラスの三方木枠で
内部がよく見えるように。
ここフラップダウンとびらは
ガラス製も木枠は無し。
薄めのブラックフィルム貼りです。
ノートパソコンとプリンターの収納は

スライドトレー付きです。
後ろにオーディオ同様、配線スペースがあります。
ほかにもまだ

背面の大きなブラウン色パネルの内部構造や
固定の飾り棚のこと等々・・・
とご案内したいところありますが本日はここまでにします。
続きはあらためてホームページ製作例にて紹介させてください。

Yさん、ネット上に数あるオーダー家具会社の中から
弊社をお選びいただきありがとうございました!
専務:枝久保悟
by 枝久保(えだくぼ)
ホームページへ戻る方は↑コチラをクリックして下さい!
オーダー家具卸値センター
MASTER : 枝久保(えだくぼ)
プロフィール
HN:
枝久保(えだくぼ)
性別:
男性
OTHERS
Powered by
Designed by TABLE ENOCH